発見マガジン あがるイタリア AGARU ITALIA

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • feeds
  • mail
TRAVEL

辛酸なめ子さんのイタリア案内@tokyo【第3回】都心のイタリア「汐留シオサイト5区イタリア街」

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • mail


汐留イタリア街は発展しそうでしないのが気になって、たまに訪れてしまいます。線路を超えると、そこには石畳が広がっていました。ヨーロッパ風のビルが並ぶ中、ウインズ汐留の重厚感ある建物が目立ち、財力を見せつけられます。

 

お店は少なめで、カフェが数軒、イタリアンレストラン、革製品の店、オーダーメイドスーツ店、スーパーなどがちらほらあるくらいです。中心の円形広場が広くて空いていて穴場スポット。仕事の合間に休憩している会社員の方々も結構います。広場周辺は、ロケ地としても使われています。行った日は、ちょうどカタログか何かの撮影か、おじさんモデルがポージングしていました。また、ここは車が映える撮影スポットとしても有名で、見ていたら赤い車が威圧的なエンジン音を響かせて入ってきて、若者が愛車を撮影していました。イタリア車ではなく、マツダの車でしたが……。

 

※写真はイメージです(こちらはイタリア・ローマの広場)

 

イタリア街の一角にあるスーパーには、ピーマンと卵、イチゴでイタリアの国旗のような色をデザインしたポスターが貼られていて、おそらくイタリア食材も豊富なのだろうと期待して入店。すると……普通のスーパーでした。「イタリアのお菓子とかありませんか?」と店員のおばさんに聞くと「さあ。あんまり聞かないよ。あるにはあると思うけど……」と漠然とした答えが返ってきました。この脱力感が、汐留イタリア街の魅力です。都心にありながら、リラックスできる街。抜け感が気持ちよく、イタリアのシエスタ文化に通じるものを感じました。

PROFILE
辛酸なめ子 _ Nameko Shinsan

漫画家・コラムニスト。武蔵野美術大学短期大学部 グラフィックデザイン専攻出身。近著に『諸行無常のワイドショー』(ぶんか社)、『大人のコミュニケーション術 渡る世間は罠だらけ』(光文社新書)、『おしゃ修行』(双葉社)など。

TAG
タグ
ARCHIVE
アーカイブ