発見マガジン あがるイタリア AGARU ITALIA

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • feeds
  • mail
TRAVEL

【辛酸なめ子さんのイタリア案内@tokyo 第2回】お台場の真実の口「ヴィーナスフォート」

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • mail


都内のイタリアをめぐる旅、第二弾は、もうオープンしてから18年という事実に年齢を痛感させられるヴィーナスフォート。17〜18世紀のヨーロッパの街並をイメージした石造り風の建物と、天井に描かれた空、噴水広場が異空間を演出します。

 

オープン当初から通っていますが、3Fはアウトレットにリニューアルされたり、ニーズに合わせて形態が進化しています。訪れた時、通路にはとくにヨーロッパと関係ない、京都みやげのブースやゆかた市などが出ていました。でも、このカオス感も薄暗いヨーロッパの街並に包まれるとおしゃれに見えてきます。

 

※写真はイメージです(こちらはイタリア・ローマの真実の口)

 

イタリア人画家の複製画など各所に展示されていますが、この中で最もイタリア密度が濃いスペースが2Fインフォメーション横のスペース。ローマの「真実の口」の、復刻作品が鎮座しています。イタリアで採石した白大理石を使い、コンピュータ解析でミリ単位で忠実に再現。重さは1トンもあるそうです。もちろん、イタリアの「真実の口」と同じく手を差し入れられます。本場イタリアでは、偽りの心を持つ者は、手を抜く時に噛み切られたり、抜けなくなったりするとされています。レプリカとはいえおそるおそる手を入れましたが、何事もなく安堵。ただ、手を入れまくっていたらその後体が重くなった感が……。

 

ヴィーナスフォートは結構イタリアンも充実しています。そして3Fにはカジノが、2Fにはフリーメーソングッズのショップがひっそり存在していたり、かなりディープな街です。ヴィーナスフォートを制覇できたら、海外旅行以上の経験値が得られることでしょう。

PROFILE
辛酸なめ子 _ Nameko Shinsan

漫画家・コラムニスト。武蔵野美術大学短期大学部 グラフィックデザイン専攻出身。近著に『諸行無常のワイドショー』(ぶんか社)、『大人のコミュニケーション術 渡る世間は罠だらけ』(光文社新書)、『おしゃ修行』(双葉社)など。

TAG
タグ
ARCHIVE
アーカイブ