発見マガジン あがるイタリア AGARU ITALIA

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • feeds
  • mail
LIFESTYLE

【岡本翔子 | 2月の運勢】星占いとイタリア料理の深くて美味しい関係

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • mail


女子に人気の星占いとイタリア料理。「そこにどんな関係があるの」と不思議に思う人も多いでしょう。イタリアの歴史を紐解くと、古代ローマの時代には驚くほど豊かな食材、香辛料やハーブがあり、その調理法や宗教儀式が紹介された書籍もあります。

 

2世紀の散文作家・アテナイオスが書いた『食卓の賢人たち』には、当時の華やかな食卓が描かれています。アテナイオスはまた興味深い言葉も残しています。

 

「料理人には実にさまざまなことが要求された。劇作家ニコメデスは、料理人には占星術と数学と医術と芸術の理解が必須であると主張した」(アテナイオスⅦ-二九一a)

 

占星術の歴史はとても古く、紀元前に遡ります。その基本的な考え方に「万物照応の法則」というのがあり、地上に生きる人間や動物、植物、鉱物(つまり食材も!)はすべて宇宙の天体と深く関わっているというのです。古代ローマの料理人の中には、一般教養として星と食べ物との関係を知る人もいて、実にクリエイティブな料理を作っていたのでしょう。

 

とまあ、難しいお話はここまで。あなたの毎日をちょっと楽しくする、“美味しい星占い”、2月編のはじまりです。

 

これを読むときっとイタリアにも行きたくなることでしょう。

 

 

占星術研究家 岡本翔子

 


 

2月の運勢をチェック

 

牡羊座(3月21日〜4月19日)

 

牡羊座の守護星、火星が調和角を作り、あなたを応援しています。仕事などでリーダーシップを発揮できるとき。ただしその際は、前に進むその先に「希望」があると周りを説得する必要があります。ネガティブな言葉や人の悪口などは封印し、みんなを盛り上げる役を引き受けましょう。また2月は、仕事が絡まない友人や仲間を作ると、新しい可能性が広がります。趣味のサークル加入、かつての仲良しグループを再結成することにも幸運があります。今月のラッキーフードは、ズッパ ディ ファジョーリ。イタリア人の大好きなインゲン豆のスープです。これを食べると体が温まり、心に希望が芽生えます。2月下旬は、愛情に関して誤解が生じやすい星回りです。相手の想いを汲み取る想像力を働かせなくては。自分の話に終始していないで、「聞き役」に回ると、相手の心模様が見えてきます。一見、魅力的な転職話や儲け話に飛びつかないように。特に共同出資や投資については、よくよく吟味したほうがよいでしょう。今月のお楽しみは美術展と温泉。オフはアートとお湯に親しんで。

 

 

牡牛座(420日〜520日)

 

2月は仕事や社会的な活動に焦点が当たります。特に仕事では、限られた時間の中でいかに結果を出すかが問われます。今月は“時間”というものを意識して動くことで、チャンスが掴めるでしょう。提出物なども「ちょっとくらい遅れても」という甘い考え方は改め、早めに仕上げるようにしてください。また少しハードルの高い仕事にも、果敢に挑戦してみると充実感が味わえます。自分に負荷をかけることで、本来持っている力を伸ばすことができる時期。ただし新月で日食となる2月16日[金]近辺は、何かと事件が起こりやすい。と同時に組織の中で力を持つ人物との出会いも暗示されています。体力がないと、予定外の出来事に対処しにくくなるので、新月前後は体調万全で臨みたいものです。イタリアの塩漬け豚肉、パンチェッタは、不動の心と忍耐力を授けてくれます。「ここぞ!」というときには、スパゲッティ カルボナーラを食べるのがおすすめです。2月下旬以降は、趣味の交流会や合コンなどにも出かけてみて。その中には、会話の弾む異性がいるはずです。魚座、蠍座とは相性よし。

 

 

双子座(521日〜621日)

 

2月は太陽&水星が調和角を形成。双子座本来のフットワークの軽さを発揮できます。どうぞ“未来の自分”に投資をするつもりで、興味のあることに次々トライしてみましょう。特に資格取得につながる勉強や、語学学習などにツキがあります。〇〇ソムリエや△△マイスターといった資格も、すぐには役に立たなくても、あなたという人間の幅を広げてくれるはずです。仕事に煮詰まったときは、とりあえず散歩に出るのも効果的。またトリュフオムレツを食べると、そのふくよかな香りを味わううちに、素晴らしいアイデアが湧いてきます。旅行運も好調なので、週末気軽に近場の海外へ。ご当地グルメを満喫すれば、気分も一新してまた仕事に打ち込めます。2月後半は予想以上にスケジュールがタイトになり、体調を崩す暗示も。寝不足が続くと感染症などにかかりやすくなります。手洗いやうがいなどを徹底して、風邪予防に努めましょう。月末は人間関係に気をつけて。ユーモアを理解できない人々に、うっかり発言は禁物。上質なレザーを使ったバッグや靴を新調するとよいことが。

 

 

蟹座(622日〜722日)

 

2月前半、隣の芝生は青く見える!?あなたの周りで活躍している人を見ると、妙に気持ちが焦ります。心の中のもやもやとしたネガティブな感情をしっかり見つめつつ、それを表には出さない努力を。単独行動にツキがある時期。趣味など好きなことに没頭していると、いつしか心が晴れやかに。仕事を見直し、自分の専門分野の勉強や調べものに専念すると、毎日が充実します。あなたのよき理解者と、じっくり話をするのもよいでしょう。気分がアガるラッキーフードは、ゴルゴンゾーラと蜂蜜の組み合わせ。そのままデザート代わりにしてもいいし、ピッツァのトッピングにもおすすめ。集中力をも授けてくれるでしょう。バレンタインデー近辺は、愛情を司る金星が蟹座に味方します。男性、女性に限らず、好きな人に愛を伝えましょう。2月下旬になるとさらに運気は好転。神社仏閣、世界遺産といったパワースポット巡りにツキ。仕事で活躍を望むのなら、5年先の未来を見据えて、何か勉強を始めるのもおすすめです。また肩こりや腰痛といった、慢性疾患に効く健康法を見つけるチャンス。

 

 

獅子座(723日〜822日)

 

人は一人では生きてはいけない。既に結婚している人も独身の人も、「結婚」について真面目に考えるよい機会です。独身の人は「婚活」に励むのもいいし、すでにパートナーがいる人は、二人の未来の青写真を描くのに最良の時期。バレンタインデーには、女性であれ男性であれ、あなたの想いをちゃんと相手に伝える努力を。仕事では、コラボレーション企画にツキがあります。得意分野の違う二人が、お互いの能力を生かせる企画を考えてみて。トマトをたっぷり使ったスパゲッティ ポモドーロは、人と人とをつなぐ力を秘めています。より親密になりたい人と、一緒に食べましょう。また投資セミナーやマネー講座に通い、資産運用を考えるのにもよい時期です。なかなかお金が貯まらないと嘆く人はぜひ!部分日食となる2月16日[金]近辺は、人間関係に変化が。新しい出会いもあれば、疎遠になる人もいます。下旬以降、サスペンスドラマやミステリー小説が、何かヒントを与えてくれそう。また星空のきれいな場所に出かけて深呼吸をすると、仕事のストレスや生活の疲れが解消されて、ピュアな心が甦ります。

 

 

乙女座(823日〜922日)

 

人生の大半は、地味な毎日の繰り返しです。そんな日々の中で、毎日続けられる“決まりごと”を作ってみましょう。朝起きたら、自分で美味しいコーヒーを入れるとか、寝る前にベランダに出て深呼吸し、寝室でストレッチや腹筋運動を5分間やるというように。大成功している人の中には、そういった日課を自分に課している人は多いものです。それを“秘かに行う宗教儀式”のように続けると、何かが変わってきます。2月は地味な運気だからこそ、自分に魔法をかける必要があります。さわやかな香りのディルは、イタリア料理の定番。古代ギリシャでは、ディルの種がお金の代わりに使われたとか。金運アップを願いディルピクルスを食べてください。2月も下旬となると、運気は静から動へ。人と知り合えるパーティや会合などにも、積極的に出席してみましょう。魚座、天秤座は、新しい世界の道先案内人です。仕事でも共同企画に将来性を感じます。今月はバレンタインデーがありますが、義理チョコを上げたりもらったりすると、その後、ちょっとしたドラマがあるかも。

 

 

天秤座(923日〜1023日)

 

天上の星々が、天秤座にクリエイティブな発想を授けてくれる時期。あなたがついつい気にしてしまう“他人のまなざし”をシャットアウトして、前からやりたかったことを実行に移しましょう。人前であなた自身を表現できることがあったら、そのチャンスも逃さずに。また人を楽しませるパーティやイベントを計画し、ホスト役を引き受けるのもよいでしょう。あなたのセンスや美意識が役に立つはずです。懸案事項はしばし放置して、心がワクワクするようなことを、手あたり次第やってみましょう。すると新しい出会いがあったり、よきアドバイスにも恵まれて、運命の歯車が回り始めます。仕事シーンでも営業や企画提案などを積極的に。また多少のリスクは覚悟の上で、独立や起業をするのも◎。オリーブのペースト、タプナートが今月のラッキーフード。自信と勇気が欲しい!というときにぜひ。愛情面は「献身」がキーワードに。黙って相手の「役に立つこと」を行うと、認めてもらえそう。2月下旬は健康診断を受けるよい機会。また眼鏡の調整、歯科検診を受けるのも運気向上につながります。

 

 

蠍座(1024日〜1121日)

 

大勢の人と知り合うことより、本当に大切な人との絆を深めることを大切に。身近な人々を味方にすることができれば、精神的にも強くなれるし、仕事の難局も乗り越えることができます。家を居心地のよい場所にするよう努力もしてみましょう。インテリアを変えたり、料理をするのがたのしくなるキッチンツールを揃えるのも吉。家族と離れて暮らしている人は、SNSなどを使って元気な姿を見せてあげましょう。今月は新鮮な魚介類を食べると、精神が研ぎ澄まされます。アサリを使ったスパゲッティ ボンゴレが一押しです。もっと仲良くなりたい人と、シェアして食べるのがおすすめです。衣食住に関するビジネスを始めるのも、星が味方してくれます。バレンタインデー近辺は、愛情を司る金星が調和角に。今まで知り合い程度だった異性が、ある出来事をきっかけに恋愛対象に変わる可能性も。2月下旬には複数の星が蠍座を応援。音楽やファッション、食やアート関連のイベントに幸運があります。レジャー・娯楽運も好調なので、ちょっと遠出をしてみるのも◎。獅子座とは好相性。

 

 

射手座(1122日〜1221日)

 

2月はあなたの周りで起こっていることを、冷静に観察してみましょう。ある情報や新しい知識が、「なんだ、そうだったのか」と、今までの疑問に対する答えを導き出してくれます。“知るは力なり”という言葉がありますが、頭の中の引き出しを増やせば、いざというときに役に立ちます。古典と呼ばれるような書籍や映画の中に、現代に通じるものを発見するのは楽しいものです。あなたの中の知的好奇心を呼び覚ますことが、幸運につながります。また今月は手間をかけずに美味しいものを食べたい期間です。パンとワイン、そしてチーズとパルマ産生ハムがあれば、「人生は楽しい!」と、生きることを肯定できるでしょう。仕事や生活面では、大きな変化は避けるのが正解。バレンタインデー前後の星の動きは不穏。良かれと思った行動が、見事に外れる場合も。パートナーがいる人も、2人のリズムがかみ合わない時期です。少し距離を置いたほうが、お互い冷静になれるでしょう。2月下旬は、感情が絡むと判断を見誤ります。仕事で無意識にだれかをえこひいきしていないか、自問自答してみてください。

 

 

山羊座(1222日〜119日)

 

自分が立てたスケジュールに振り回されないようにしましょう。頭は「あれもしたい。これもやらなくっちゃ」と、予定を詰め込んでしまいがち。2月はむしろ体の声に耳を傾け、何事にもじっくり取り組むのが正しい在り方です。単に予定をこなすのではなく、物事を五感で深く味わうことで、新しい発見があるはず。仕事は現状に踏みとどまり、できれば数字や金額といった具体的な目標を掲げて、目に見える結果を出せるように努力してください。イタリアではおなじみの前菜、トマトとモッツァレッラチーズ、バジルが色鮮やかなカプレーゼが、愛と友情をもたらしてくれます。2月も後半となると運気のモードが変わり、身辺がにぎやかになります。日常のルーティンを崩すと、新しい出会いにも恵まれます。仕事の前の「朝活」や、仕事帰りの寄り道に幸運がひそんでいます。オフを利用して小旅行に出かけるのもよいでしょう。農業体験ができるツアーや、ご当地グルメを巡る旅、伝統工芸のワークショップなどがおすすめです。将来の夢のために貯蓄を始めるのも◎。

 

 

水瓶座(120日〜218日)

 

2月は水瓶座の季節です。ほかの人とは違うあなたの個性や魅力は何か?それを考えてみたい期間です。そして、これだけは人に負けないというものを見つける努力もしてみましょう。また仕事で必要なのは、セルフプロデュース力です。あなたが考える「自分はこういう人」というイメージを打ち出すと同時に、「私はこれができる!」と得意なことをアピールすると、物事は動き始めます。2月のラッキーフードはニンニクと赤唐辛子です。シンプルだけどしみじみ美味しいスパゲッティ ペペロンチーノが、勝負に打ち勝つ勇気や決断力を与えてくれるでしょう。愛情を司る金星が水瓶座を運行するのは2月11日[日]まで。気になる人に好意を伝えるのなら2月11日[日]までに。水瓶座で新月となる2月16日[金]は、未来に向けて「種蒔き」を。新しいことを始めるチャンスでもあるし、大切な人とのアポもこの日を選ぶと吉。この日までに身辺を整理して、新しい環境に飛び込むのもおすすめです。新月が過ぎたら、あなたが蒔いた「種」が成長し始めます。2月下旬以降は、あなたの夢の賛同者や協力者を見つけるチャンスです。

 

 

魚座(219日〜320日)

 

魚座の季節が始まるのは2月19日[月]以降。それまでは他人の問題に振り回されたりしがちです。周囲の雑音はシャットアウトして、将来の夢や希望についてしっかりと考えてみましょう。この先、あなたが理想とする仕事のやり方や家庭生活のディテールを、細かく映像化してみること。漠然と「考える」のではなく、具体的に「視覚化」してみることです。すると「自分はこんなことを望んでいたのだ」と、今後の方向性が見えてくるでしょう。あなたの人のよさにつけ込んで、面倒を持ち込む人もいます。「NO」と断る勇気を持ちましょう。今月食べたいイタリア料理は、イワシのオーブン焼きです。人間関係に疲れたとき、不快な記憶を忘れさせてくれるはず。2月19日[月]に太陽が魚座入りすると、運気はぐっと好転。きっとよい知らせも舞い込むでしょう。愛情を司る金星も魚座で輝いています。シングルの人は、久しぶりに恋愛めいた気分が甦る予感も。仕事でも営業に力を入れたり、好きなことを仕事にする努力もしてみましょう。またイベントカレンダーを調べて、少し遠出をするのも幸運の鍵に。

 

【これまでの連載はこちら】

 

 

イラスト:moeko

instagram : @moeko_dr twitter : @moeko_dr

 

【岡本翔子さんの「星占いとイタリア料理の深くて美味しい関係」は今月でおしまいとなります】

PROFILE
岡本翔子

占星術研究家。ロンドンにある英国占星学協会にて、心理学をベースに星座や惑星の象徴体系を読み解く占星術を学ぶ。帰国後は女性誌を中心に活躍。『CREA』『料理通信』『美ST』『ESSE』などに連載を持ち、著書・翻訳書多数。また月の暦や月のリズムにも造詣が深く、月の満ち欠けを記した手帳『MOONBOOK』はファンも多く、15年続く静かなロングセラーとなっている。近年では、毎年11月にミラノにあるワインショップで『月とワインの夕べ』イベントを開催。

★ムーンダイアリーの決定版!『MOONBOOK2018』(ディスカヴァー刊)が、好評発売中!

TAG
タグ
ARCHIVE
アーカイブ