発見マガジン あがるイタリア AGARU ITALIA

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • feeds
  • mail
LIFESTYLE

イタリア式「アペリティーボ」の楽しみ方|イタリア便り

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • mail


イタリアには「アペリティーボ」という、夕方になるとよく目にする光景があります。

 

アペリティーボとは本来、食前酒という意味ですが、具体的には「食事の前に軽食を食べながらお酒を楽しむ習慣」のことです。

 

家族や友人との時間を何より大切にするイタリアの人々の暮らしを象徴する「アペリティーボ」はイタリアの魅力的な習慣の一つです。人生を楽しむ達人であるイタリアの人々の「アペリティーボ」の楽しみ方をご紹介します。

 

6時になったら「アペリティーボ」!

 

イタリアのほとんどのバルやレストランで夕方6時前後から行なわれる「アペリティーボ」。最近日本でも目にするハッピーアワーに似ていますが、飲み物を注文すると軽食が一緒に出されたり、ビュッフェを利用できたりするお店もあります。立ち飲み感覚で利用する人や、ゆっくり座って長居する人など、手軽で自由な楽しみ方ができるのも魅力の一つです。

 

軽食はお店によりますがポテトチップス、ナッツ、オリーブ、サンドイッチなどお酒が進みそうな食べ物が中心。最近は本格的なビュッフェとお酒が楽しめるアペリチエナも若い世代を中心に人気です。

 

 

定番のカクテル「スプリッツ・アペロール」

 

イタリアで暮らし始めてすっかり虜になったカクテルが「スプリッツ・アペロール」。オレンジ風味の甘くてほろ苦いリキュール「アペロール」に白ワインとソーダを混ぜて作られる爽やかなカクテルです。

 

メニューになくても提供してくださるお店も多くイタリアでもアペリティーボの定番として人気のカクテルです。カンパリで作るスプリッツもあるので味の違いを楽しむことができます。

 

 

アペリティーボが人と人との架け橋に

 

アペリティーボの目的は楽しい時間を共有すること。疲れていても頭をすっきり切り替えて、元気にアペリティーボへ集まる姿は無邪気でかわいらしいなと思うと同時に心がけたい姿勢の一つ。また、集合がかかると友人が友人を呼び、4人から6人、別の友人の呼びかけで10人にと、最終的に大人数になっていることもしばしばです。地域柄にもよるとはいえ、イタリアの人々の社交性と瞬時の結束力には驚かされます。

 

しかし、人数が増えすぎたため、結局話す間もなく別れ際に「はじめまして」と自己紹介をすることもよくあり、そういうゆるい加減もなんだかイタリアらしいと思う一面です。

 

 

思い出深い「アペリティーボ」の話

 

ある日、突然お父様を天国へ見送る事になってしまった友人のため、アペリティーボが開催されることに。当日の呼びかけにも関わらず20人程の友人たちが集まりました。一人一人深いハグをし、そっと労いの声をかけ、その後は終始楽しい話で盛り上げる仲間たちの姿は思いやりで溢れていました。天国のお父様も、温かい仲間に囲まれる様子を見ておられたらさぞかし安心されたことでしょう。

 

うれしい事は盛大に祝い、辛いことは笑いに変え、悲しみは優しく包み込む。どんな場面も補ってくれるアペリティーボ。

 

自由奔放、でも人情深いイタリア人の人生の楽しみ方は「アペリティーボ」にありと言っても過言ではないのかもしれません。

 

 


 

記事提供:三越伊勢丹旅行

三越伊勢丹旅行社がお届けする旅の情報誌『mi viaje』2月号より一部加筆修正し転載。『mi viaje』は三越伊勢丹トラベルサロンにて配布中です。

PROFILE
マリーニ あゆみ _ Ayumi Marini

福岡県出身。イタリアソムリエ協会認定ソムリエ。客室乗務員として日本のおもてなしを学んだ後、ミスユニバースファイナリストに選出されたのを機にモデル、IT企業、アメリカ語学留学など経験。結婚を機にイタリアへ拠点を移し、ワインの宝庫ピエモンテでワインと出会う。プライベートワイナリー訪問のコーディネートも行っている。旅とワインのブログではイタリアワインや旅の様子を発信中。

TAG
タグ
ARCHIVE
アーカイブ