発見マガジン あがるイタリア AGARU ITALIA

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • feeds
  • mail
LIFESTYLE

【買えるイタリア】現地の飲食店も愛用。ありそうでなかった、ふつうのお皿

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • mail


いくつあっても困らない定番のお皿といえば、やっぱり白。けれども、日常で使うにはエレガントすぎたり、逆にチープで野暮ったかったり、ちょうどいいシンプルなお皿というのは意外と見あたらないものです。

 

出会いたいのは、どんな料理も簡単に盛り付けるだけで絵になり、丈夫で使い勝手が良くて、お値段は控えめで、毎日の食卓にしっくりなじむ、そんなちょっと欲張りな1枚。その答えは、イタリアの大衆向けレストランであるトラットリアにありました。

 

 

イタリアのトラットリアやバールで提供される、カジュアルで気どりのないイタリア料理に欠かせないもの。それが〈サタルニア〉社のお皿です。ぼてっと分厚くて、どっしりと安定感があり、いつまでも飽きのこないシンプルな食器は、料理を盛り付けたときにこそその真価を発揮します。

 

たとえば生ハムやチーズ、野菜などを〈サタルニア〉のお皿にドサッとのせたとたん、ただの食材から食欲をそそる料理へと変わります。またパスタなどイタリア料理との相性は言わずもがなですが、じつは和食にも合うという優れもの。本当に何をのせてもおいしそうに見えるから不思議です。この白いお皿は、まるでシンプルな額縁のように、料理自体の魅力を最大限に引き出してくれるのです。

 

業務用としても使われているため、その堅牢性もお墨付きです。重ねて収納でき、食洗機はもちろん電子レンジでの使用も問題ありません。取り皿や小鉢としても便利な小さめから大皿まで、飲食店の要求にも応える豊富なサイズラインナップも魅力です。食器の一軍選手として、ヘビーローテーションにも耐えてくれるはず。

 

 

さまざまなデザインがあるので迷ったら、最初は〈サタルニア〉の定番「チボリ」からそろえてみてはいかがでしょうか。また南イタリアを思わせるブルーのラインが入った「ローマ ブルーライン」も、どんな料理もおしゃれに見えると人気を集めています。

 

ふつうのお皿だけど、こんなお皿きっとほかにはありません。気づけば毎日食卓に並んでいる、そんな存在になりそうです。

 

 

ご購入はこちらから

伊勢丹オンラインストア

 

 

 

テキスト:AGARU ITALIA(あがるイタリア)編集部

TAG
タグ
ARCHIVE
アーカイブ