発見マガジン あがるイタリア AGARU ITALIA

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • feeds
  • mail
LIFESTYLE

夢は家族とイタリア旅行へ。荒川静香さんインタビュー(2/2)

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • mail


オリンピック金メダルに輝いた国イタリアで、アイスショー「インティミッシミ・オン・アイス」の主演を務めたフィギュアスケーター、荒川静香さん。ヴェローナでのスペシャルインタビュー後半はスケーター人生とイタリアについてお聞きしました。

 

芸術と歴史の国イタリアでスケートをする喜び。荒川静香さんインタビュー(1/2)

 

 

子どもができて、表現の幅が広がりました

 

トリノ五輪以降10年以上もプロスケーターとして活躍されていますが、それだけ長く続けられる秘訣はなんですか?

 

スケートをライフワークに落とし込むことです。自分のベースを保ち続けることが大切で、そのベースがある上でショーの際に求められることに応えられるよう日々の努力を重ねています。

 

それは言うほど簡単なことではなく、練習時間を確保することも難しいのが現実です。ですが日々工夫しながら練習時間を捻出してベースをキープできるよう努めています。

 

母として、スケーターとして、できる時にできることをする。家族の時間も大切なので、だからこそ時間をうまく使うように心がけています。

 

 

私生活では3歳のお嬢さんのママですね。ママになったことはスケートに影響しましたか?

 

結婚して子どもができて、視野が広がりましたね。スケーター生活ではその視野の広がりが役立つようになりました。表現の幅が広がったように感じています。

 

 

逆にママスケーターになって大変だと感じることは?

 

アイスショーの時などは自分中心に動かなければならなくなりますが、母として、スケーターとしての両立が一番難しい点です。どこに重点を置いて生活をすればいいのか、その力のかけ方が難しいと感じています。

 

 

黒トリュフのあの香りの素晴らしさにうっとり

撮影:荒川静香

 

アイスショーの開催地ヴェローナの街も少しは観光できましたか?

 

ヴェローナは過去にも2回アイスショーで来ていますので3回目ですが、歴史ある芸術性の高い街という印象を受けます。歴史的な建造物、街並みを大切にした素敵な街だと思いました。

 

今回のショーの空き時間には、インティミッシミなどイタリアブランドのお店を数多く楽しみました。デザインの発想も面白く、おしゃれなのでウィンドウショッピングも楽しめました。

 

 

イタリアのファッションはお好きなんですか?

 

イタリアのファッションは「このファッションがイタリアらしい」と定義できないほどバラエティ豊かで、イタリア人はみんな思い思いにファッションを楽しんでいるという印象を受けます。

 

華やかさとユニークさがあり、とても表情豊か。イタリアブランドにしても色んな個性があって、日本人が思いつかないような発想力があります。

 

 

イタリア料理はいかがですか?

 

ワインが大好きなんです。特に赤ワインが好きですね。ピエモンテに行くことがよくありましたが、チーズもパスタも好きですよ。ヴェローナのSignorvino(シニョールヴィーノ)というお店でランチをいただいたのですが、とても美味しかったのでいつか日本にも出店してほしいなと思いました。

 

撮影:荒川静香

 

イタリアでの思い出の一品はありますか?

 

黒トリュフを使った料理です!イタリアで食べた時、黒トリュフを惜しみなく使っており、あの香りの素晴らしさにとても驚いたことを覚えています。

 

 

ところでイタリア人もびっくりの「フィギュアスケート界きっての大食漢」と耳にしましたが(笑)、どうやって体型をキープされているのですか?

 

食事の栄養バランスが偏らないように、自分が何を食べているか、その前後のことも考えながら常に過ごすようにしています。ダイエットというよりは、そういった日常生活を習慣にすることを意識しています。

 

 

最後にイタリアでしてみたいことはなんですか?

 

たとえばローマなど、イタリアにはまだまだ行ったことのない街がたくさんあります。いつか娘や夫と一緒に家族みんなで旅行してみたいですね。

 

 

芸術と歴史の国イタリアでスケートをする喜び。荒川静香さんインタビュー(1/2)

 

 

 

インタビュー・テキスト:小林真子

https://www.blog.amicamako.com/

PROFILE
荒川静香 _ Shizuka Arakawa

1981年、東京都生まれ。小学校入学後、本格的にフィギュアスケートに取り組む。94年、初の国際大会出場。94~96年、全日本ジュニアフィギュア選手権で3連覇、世界ジュニア3大会連続で出場。97年、シニアへと移行。98年、長野五輪へ出場。全日本選手権で2連覇を果たす。2003年、ユニバーシアード、冬季アジア大会にて優勝。2004年3月、早稲田大学卒業。同時期、ドルトムントで行われた世界選手権で日本人3人目となるワールドチャンピオンを獲得。トリノ五輪では、アジア人としてフィギュアスケート女子シングル初の金メダルを獲得。2006年5月にプロ宣言。本人プロデュースのアイスショー「フレンズオンアイス」、国内外のアイスショーを中心に活動。また、2013年に入籍、2014年に第一子を出産。現在は育児と並行して日本スケート連盟副会長を務めるほか、テレビ、イベント、スケート解説、キャスターを務めるなどさまざまな分野にも精力的に挑戦している。

TAG
タグ
ARCHIVE
アーカイブ