発見マガジン あがるイタリア AGARU ITALIA

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • feeds
  • mail
FOOD

「スーパータスカン」の先駆者、名門アンティノーリのスタイリッシュなワイナリーへ

SHARE
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • google plus
  • mail


イタリアワインの実力を世界に知らしめる「スーパータスカン」。豊かな大自然の中に佇むスタイリッシュなワイナリー、最高峰の赤ワインを生み出す名門マルケージ・アンティノーリへ訪れました。

 

 

「スーパータスカン」の先駆者、アンティノーリ

 

イタリアワインの名門マルケージ・アンティノーリは、ワイン好きならお馴染み「スーパータスカン」の代表格でもあるティニャネロやソライヤを生産する偉大な生産者。1385年より長い歴史をもち、イタリア国内に10以上、アメリカのナパバレーにもワイナリーを所有する大規模なワイナリーです。

 

今回は伝統的なキャンティ・クラシコが生産される地域のワイナリー兼オフィスへ訪れました。

 

 

総工費100億円にも及ぶモダンなワイナリー建築デザイン

 

ワインだけでなく注目したいのは、総工費100億円以上と言われるモダンなワイナリーの建築デザイン。入り口に到着すると美しい螺旋階段が迎えてくれます。ワインの木樽やコルクを再利用するなど、環境に配慮した近代的なデザインはフィレンツェ出身の若手建築家、カザ・モンティ氏により設計されました。

 

 

受付を済ませ、シアタールームでアンティノーリの紹介ビデオを視聴した後はワインの製造過程の紹介へ。専門知識と経験を持つマスターソムリエによる案内の元、ワイナリーの歴史やワインの醸造、熟成など丁寧な説明を受けます。

 

 

セラーの中は熟成樽が並ぶ広大なスペースが広がります。ガラス張りのテイスティングルームからは、近代的なセラーを見下ろすことができます。

 

 

アンティノーリとイタリアワインの歴史

 

歴史は18世紀に遡り、フィロキセラという害虫の影響でぶどうの苗がほぼ全滅し低迷していたイタリアワイン。1970年代から最先端の醸造技術を導入して世界に通用する高品質なワイン造りを目指す「イタリアワイン・ルネサンス」と呼ばれる革命が起き、イタリアワインの品質が目まぐるしく向上しました。

 

規定に囚われず、高品質のワインを作ろうと、生まれたワインがサッシカイア。のちに「スーパータスカン」と呼ばれるようになり、アンティノーリにより作られたティニャネロや、ソライヤもスーパータスカンの先駆けとして世界へイタリアワインの実力を知らしめました。

 

 

スーパータスカンのお味は…

 

広大なセラーの中の説明を受けた後はガラス張りの試飲室でテイスティング。白、赤、そしてスーパータスカン「ティニャネッロ」を含む6種類を試飲します。トスカーナの土着品種であるサンジョベーゼ以外にも国際品種とのブレンドも含め、様々な種類の違いを楽しむことができます。

 

見学したセラーで生産されるキャンティクラシコの赤ワインに続き、いよいよスーパータスカン「ティニャネッロ」を試飲。熟した赤い果実や甘いスパイスなど複雑性があり心地よい香りがふわっと香り、口の中には上品な後味が残ります。

 

 

ワイナリー併設のレストランでトスカーナの郷土料理を堪能

 

テイスティングの後はワイナリーに併設されているレストランでワインとのペアリングランチを頂きます。新鮮な地元の食材を使ったトスカーナの郷土料理に合わせて出されるワインはお互いの味を引き立てます。

 

 

最後に貴腐ワインと呼ばれる甘口ワインに合わせた濃厚なジェラートで食事が終了。

 

世界中のワイン好きを虜にするイタリアワイン「スーパータスカン」を求めて優雅なワインテイスティングの旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

 

マルケージ・アンティノーリ ワイナリー
http://antinorichianticlassico.it/
キャンティクラシコ
Via Cassia per Siena, 133, 50026 Loc. Bargino, San Casciano in Val di pesa FI,

PROFILE
マリーニ あゆみ _ Ayumi Marini

福岡県出身。イタリアソムリエ協会認定ソムリエ。客室乗務員として日本のおもてなしを学んだ後、ミスユニバースファイナリストに選出されたのを機にモデル、IT企業、アメリカ語学留学など経験。結婚を機にイタリアへ拠点を移し、ワインの宝庫ピエモンテでワインと出会う。プライベートワイナリー訪問のコーディネートも行っている。旅とワインのブログではイタリアワインや旅の様子を発信中。

TAG
タグ
ARCHIVE
アーカイブ